死別を体験した人に対して周囲の人

OFF

周囲の人のサポートが遺品整理には必要です。

死別を体験した人に対して周囲の人はどんなサポートができるのでしょうか。

ご遺族が普段の生活に戻りやすいようにできるだけ寄り添ってあげてください。

たとえば食事のサポートです。

ちょっとしたおかずを作ってあげるとよろこばれます。

庭の花の水やりでもいいです。

ペットとして飼っている犬の散歩をしてあげるのもいいでしょう。

部屋のお掃除をしてあげてもいいかもしれません。

ちょっとしたことでもご遺族にとっては大きな助けになるのです。

そして、特に注意して欲しいのは<遺品整理を急かさない>ことです。

日本人は区切が好きな民族です。

<年末だから>とか<四十九日が過ぎたから>と言って、そろそろ遺品整理をしてみてはなどと、安易な気持ちで言葉をかけることがあるみたいです。

しかし、言葉を言われたご遺族はどうでしょうか?その遺品をずっと手元に置いて心の拠り所にしたいと思っているかもしれません。

他人から見たら価値がないのかもしれません。

食べ残したおやつの袋でさえもご遺族は持っていたいのかもしれませんね。

ご遺族が遺品整理をしたいと思ったときは遺品整理サービス会社なんかを調べてあげるといいでしょう。

親しいならば遺品を手放す場合に側に居て上げると心強いかもしれないですね。

This post was written by , posted on 9月 3, 2014 水曜日 at 10:10 am

Comments are currently closed.